人間の脳の構造と仏教

今回は、上座仏教のお話しです。

人間の脳は、他の動物と違い、過去を思い出し、また、未来を予測する能力を持っています。そのため、過去の経験を活かし、将来に備えることができます。その結果、現在のような文明を築くことができたのだと思います。

ただ、反面、この能力が人間を苦しめます。皆さま、日頃どのようなことで悩んでられるのでしょうか。過去の失敗を思い出しては苦しみ、将来への不安に苦しんだりすることが多いのではないでしょうか。

過去は、いくら悔やんでもどうにもなりません。将来の不安も、ほとんどが取り越し苦労であることが多いです。こうした苦しみは、過去、未来を行き来する脳の働きのためです。

上座仏教系の瞑想は、今ここにいることを気づかせることにあるように思います。一日中、脳は現在ではなく、私達を過去や未来に送り、無駄に苦しめています。瞑想は、私達を現在に引き戻してくれるものではないでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント