悪人の往生

火の車.png

今昔物語巻十五・第四十七話に、悪人の往生について記されています。

殺生など仏道に背いたことを、数限りなくやっている男がいました。人から、そのようなことをやっていると地獄に落ちると言われても、まったく信じようとしませんでした。その男は、いよいよ死ぬときになって、地獄からの火の車を見ます。恐ろしくなって、僧に相談します。

今度こそ、自分が地獄に行くことを信じ、これまでのことを悔い、泣き続けます。しかし、僧から、念仏の話を聞き、死ぬ前に、「南無阿弥陀仏」と千回唱えます。そして、とうとう極楽浄土に往生します。

悪人でも往生できるという心強い話であります。ただ、善行を積み上げていたのに、臨終時に正念を持てなくて、往生できなかった人々を考えると、少し複雑な思いがします。

画像:火の車
画像出所:ウィキペディア https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E3%81%AE%E8%BB%8A

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント