更級日記と阿弥陀仏

更科日記.png

更級日記は、菅原孝標女さんが書かれた日記ですが、純粋な日記ではなく、晩年に自らの人生を振り返った回想記です。少女時代から約40年間の人生について、回想しています。そのため、物語的な要素も含まれていることも確かです。

この日記の中で、作者48歳のときに、夢で阿弥陀仏に会います。蓮華座の上に、金色に光り輝き、片手はひろげて、もう一つの手で印を結んだ阿弥陀仏を見ます。そして、阿弥陀仏信仰を強め、来迎を期待するようになります。

作者は、中流の貴族です。サンプルとしては、不十分ではありますが、当時の貴族の極楽浄土へのあこがれが、少しわかるような気がします。

画像:更級日記
画像出所:ウィキペディア https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%B4%E7%B4%9A%E6%97%A5%E8%A8%98

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント