金戒光明寺の山越阿弥陀図と地獄極楽屏風図

金戒光明寺地獄極楽屏風.png

前回に続き、金戒光明寺です。

金戒光明寺は、山越阿弥陀図と地獄極楽屏風図を所蔵しています。埋葬地で、他界に近い場所なので、こうした絵画は、人々に影響を与えたことでしょう。

また、関連する吉田寺(廃寺、金戒光明寺の近所)で地獄絵があったり、禅林寺に山越阿弥陀図があることも、偶然ではない気がします。金戒光明寺の山越阿弥陀図は、禅林寺のものと構図が似ています。ただ、禅林寺のものは、阿字や四天王が描かれており、密教のテイストが含まれています。

どちらの山越阿弥陀図も、臨終行儀に用いられたのは、確かです。金戒光明寺の山越阿弥陀図と地獄極楽屏風図が、一緒に作成されたかどうかは、議論のあるところです。また、この二つの絵画が、臨終行儀で対として用いられたのではないかという説もあります。ただし、山越阿弥陀図は、山中他界観を示していますが、地獄極楽屏風図は、海上他界観を表現しています。もし、臨終者がこの二つの絵画を見たなら、山中と海上という異なった極楽浄土を願うことになりますが、様々な思想を飲み込む日本の伝統としては、ありそうですね。

画像:金戒光明寺地獄極楽屏風図
画像出所:G-Call https://www.g-call.com/ext/popup/?id=908

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント