成仏と曼荼羅

胎蔵界曼荼羅.png

仏教タントリズムの目標は、もちろん成仏です。

その方法は、単純化してしまいますと、自己と世界そのものである大日如来とを一体化させることで達成されます。

これは、ウパニシャッド哲学での、本来の自己であるアートマンと宇宙原理ブラフマンの同一、梵我一如に近いですね。仏教はバラモン教を否定しますし、タントリズムもバラモン教と相容れない部分が多いのですが、ここには共通性が見出されます。

この同一化のために、曼荼羅が使われます。大日如来を中心に置いた曼荼羅は、自己という内なる宇宙と、世界という外なる宇宙、どちらも大日如来に外ならいことを自覚させます。『大日経』に説かれる曼荼羅が胎蔵界曼荼羅、『金剛頂経』に説かれる曼荼羅が金剛界曼荼羅です。

画像:胎蔵界曼荼羅
画像出所:奈良国立博物館 https://www.narahaku.go.jp/collection/889-1.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント