千本釈迦堂(大報恩寺)と「おかめ」

千本釈迦堂.jpg

京都のお寺の多くは、応仁の乱などの戦火により何度も建て替えられています。そんな中、奇跡的にこうした戦火を逃れ、約800年の歴史を刻み、京都市最古の木造建築を残しているのが、千本釈迦堂です。もちろん、国宝です。

このお寺の境内に「おかめ塚」があります。そう、お面で有名な、あの「おかめ」です。これには、悲しい伝説があります。

おかめは、本堂建築を行った大工の棟梁の妻です。棟梁は、建築で問題を抱えますが、おかめのアドバイスで、解決できます。しかし、おかめは、素人の自分のアドバイスで棟梁が仕事を完成したしたと言われるのは、夫の恥と思い、上棟式の前に自害してしまいます。自害しなくてもと思うのは、私だけでしょうか。お寺も中には、全国から奉納された、おかめの置物やお面が、展示されています。

画像:おかめ塚
画像出所:Tripadvisor https://www.tripadvisor.jp/LocationPhotoDirectLink-g298564-d1386079-i171267521-Sembon_Shakado-Kyoto_Kyoto_Prefecture_Kinki.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント