高天原

高天原.jpg

『古事記』や『日本書紀』の他界観について、以前、黄泉国のお話をしましたが、今回は、高天原(たかまがはら)です。

これは、まさに天界で、「天つ神」がおられる世界です。ただ、六道の天界とは、似ているところもあれば、異なっているところもあります。高天原から神様が降りて来られて、国造りが行われます。神様の世界でありますが、人は死んでも行くことはできません。

また、神様も不死かというと、そうではありません。イザナミノミコトや天稚彦(あめわかひこ)など、亡くなります。ただし、亡くなる場所は、高天原ではなく、地上界です。死穢が避けられる世界なのかもしれません。私達にとっては、見ることもできない遠い世界です。

画像:天
画像出所:pro.foto

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント