穢れと神

ナマハゲ.jpg

前回に続き、新谷尚紀氏の説のご紹介です。

氏によれば、死はケガレであり、これが「祓え清め」によってカミになる。つまり、カミはケガレから生まれることになります。こうした関係について、氏は4つの民俗例を紹介します。

まずは、御賽銭です。私達は、神聖な神様に、硬貨を投げ込んでいます。普通、人にものを渡す際、投げて渡すのは、失礼な行為です。それを私たちは、お金という俗なもので、神様に対してやっていることになります。これは、貨幣が私たちのケガレを吸収して、神社がそのケガレを祓え清めるからだそうです。次に、正月、節分など年越しの祓え清めに、儀礼的表象として登場するナマハゲやトシドンです。この場合、ナマハゲやトシドンが人々のケガレを背負い、祓う役割を担っています。また、村境に祀られる道祖神もケガレた存在から、神になったものだそうです。道祖神については、次回お話します。最後に、氏は、忌むべき水死体が、漁村では逆にヱビス神として祀られているという例を紹介しています。

日頃、当然だと考えていたことも、視点を変えると様々なことが見えてきますね。

参考文献
新谷尚紀(2000)「死とケガレ」『往生考-日本人の生・老・死』p.p.204-220.

画像:ナマハゲ
画像出所:男鹿なび https://oganavi.com/news/2019/12/26113410/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント