他界と時間

浦島太郎.jpg

私達が、時間をイメージするとき、すべての場所で同じ時間が流れていると考えます。地球でもそうですし、宇宙についてもそうです。私達が、こうした共通の時間の中で存在していると感じている人が多いのではないでしょうか。

でも、極楽浄土のような他界を考えますと、その時間の流れは、私達の存在する現世と違います。『往生要集』でも触れられていますが、地獄の時間は、現世と比べてとんでもないくらい長いです。

わかりやすい例が、浦島太郎の行った竜宮城です。人間界との時間の違いから、太郎が家に戻ったとき、誰も知っている人がいなくなってしまいます。そうなのです。他界には、違った時間が流れているのです。もし、宇宙全体で、絶対的な時間の流れを想定しますと、他界の存在が危うくなります。次回、この点についてもう少し考えてみます。

画像:浦島太郎
画像出所:ウィキペディア https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%A6%E5%B3%B6%E5%A4%AA%E9%83%8E

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント