戒律

最澄.jpg

仏教には、仏教教団の戒律は重要な要素です。上座仏教でもチベット仏教でも、それぞれの戒律を守っています。でも、日本では多くの出家者が妻帯肉食をしています。戒律はどうなったのでしょうか。

末木文美士氏によれば、日本の仏教の多くは、基本的には部派の律を採用しておらず、大乗戒を採用しているそうです。そして、これを採用し、日本に導入したのが最澄(766-822)さんだそうです。大乗戒にもいろいろな種類がありますが、最澄さんが採用したのは、梵網戒だそうです。他の律と比べますとたいへん緩いものです。

氏によりますと、元々大乗戒自体が、出家者の共同生活を行うための規則ではなく、世俗社会での信者(在家)が守るべきものとしての性質を有しています。また、具体的な規則ではなく、一種の精神的な心構えみたいものだそうです。氏の説を前提としますと、戒律については、出家者も私達のような在家者も同じになります。私達が、出家者と変わらないぐらい、極楽浄土へ行けることを示しているかもしれません。


参考文献
末木文美士(2013)『浄土思想論』春秋社

画像:最澄
画像出所:ウィキペディア https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E6%BE%84

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント