仏名会と地獄図

大地獄絵開帳.jpg

仏名会とは、懺悔、滅罪のために仏名を唱える行事です。宮中でも、平安時代から行われ、 毎年12月19日から3日間開催されました。

ここで、地獄絵が使われたと言います。正面に一万三千の仏を描いた曼荼羅がかけられ、その反対側に地獄屏風が置かれていました。参加者は、地獄屏風の恐ろしさから、仏の曼陀羅に懺悔、滅罪を願ったと考えられます。その意味では、地獄絵は恐ろしければ恐ろしいほど効果があることになります。

清少納言の『枕草子』にも、地獄屏風が登場します。仏名会の次の日に、中宮定子が清少納言に地獄屏風を見るように言いますと、あの活発な彼女でも、その地獄屏風の恐ろしさに逃げ回ったと記されています。ただ、彼女は、わざと恐がるふりをしたという説もありますが。

画像:大地獄絵・大焦熱地獄
画像出所:祈りの回廊 http://inori.nara-kankou.or.jp/inori/hihou/chogakuji/event/y23fzau1kn/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント