蛸薬師堂(永福寺)

蛸薬師堂.jpg

京都の新京極に蛸薬師堂(正式名は永福寺)という、変わった名前のお寺があります。本尊も蛸薬師如来と呼ばれています。この名前は、昔この寺(当時は二条室町)の住職であった善光という僧の孝行譚に由来しています。

善光には、病気の母がおりました。懸命に看病しますが、病気はよくなりません。そんな中、母は、蛸が食べたいと言います。母思いの善光は、戒めに背き、蛸を買い、箱に入れて寺に持ち帰ろうとします。しかし、町の人々は、善光の様子を不審に思い、寺の門前で箱の中のものを見せるように言います。そこで、善光が一心に薬師如来に祈ったところ、箱の中の蛸が八軸の経巻となりました。町の人々が、これを見て、南無薬師如来と称えると、この経巻は再び蛸に戻り、池に入ってしまいました。池に入った蛸が、瑠璃光を放って善光の母を照らしますと、不思議なことに病気は治ってしまいました。

ありがたいお話です。でも、善光の母は、蛸を食べなかったのですね。

画像:蛸薬師堂
画像出所:京都観光Navi https://ja.kyoto.travel/tourism/single02.php?category_id=7&tourism_id=471

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント