天台本覚思想批判

本覚思想批判.jpg

天台本覚思想は、評価されるとともに、激しい批判にもさらされます。その思想の中に、批判のタネが豊富にあるからです。

まず、すべての人が成仏しているなら、修行の必要が無くなります。修行不要論を、もたらす可能性があります。また、現実世界が肯定されるなら、恵まれない人々は、その現実を許容しなければなりません。また、教えが、口伝によるものですので、血脈によって教えが伝承されたり、金銭の対象となるなど、批判されるべき要素が多いです。

仏教思想の面で、過去、袴谷憲昭氏と松本史朗氏が、本覚思想が正しい仏教ではないため、批判されなければならないというネガティブキャンペーンをはじめられ、様々な議論が展開されました。どの説が正しいかはわかりませんが、こうした宗派横断的な議論は、意義があるように思います。次回は、松本史朗氏の説をご紹介します。

画像:『本覚思想批判』
画像出所:アマゾン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント