百鬼夜行

百鬼夜行絵巻.jpg

『今昔物語』などの説話で、百鬼夜行について紹介されています。この百鬼夜行に会うと命を落とすと言われ、当時貴族を中心に恐れられていました。室町時代には、この百鬼夜行絵巻が作成され、その様子をうかがい知ることができます。

ただ、説話と絵巻には大きな違いがあります。説話では、鬼や幽霊が行列を成しますが、絵巻では、古くなった鍋や傘といった日用品が歳を経て「付喪神」と呼ばれる妖怪が夜行します。そのため、絵巻が説話にそって書かれたかどうかはわかりません。

百鬼夜行に関する説話で、京都の一条通りが出てきます。そのため、この一条通りにある大将軍商店街では、この通りを妖怪ストリートと命名し、妖怪に関するイベントを行なっています。

画像:百鬼夜行絵巻
画像出所:京都春秋 https://kyotoshunju.com/temple/shinjuan/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント