愛欲の心を起こした修行僧

今昔物語集.jpg

『今昔物語集』に愛欲の心を起こした修行僧の話があります。

数日、夫が山に狩に行き、家に一人でいる妻のもとに、一人の修行僧が訪れました。妻は、お経を読んでもらったお礼に、食事を出し、談笑していると、僧が陰陽道にも通じていることを知ります。妻は、僧に陰陽道の祭りをお願いします。これは、山で行うものなので、二人で山に行きます。祭事が終わった後、僧はその妻に愛欲の心を起こします。妻が抵抗すると、刀を抜いて脅します。ちょうどその時、夫がその近くを通ります。音がするので、鹿だと思い、矢を射ました。なんと、その矢が、その僧を射抜いたのです。因果応報の話です。

それにしても、仏教僧が、陰陽道に通じていたり、帯刀していたことも驚きです。

画像:今昔物語
画像出所:アマゾン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント