信貴山縁起絵巻(上巻)

信貴山縁起絵巻(上巻).jpg

『信貴山縁起絵巻』は、『源氏物語絵巻』、『鳥獣人物戯画』、『伴大納言絵詞』と並ぶ四大絵巻物の一つです。作者は不明ですが、信貴山の天台僧命蓮のお話で、「山崎長者の巻」、「延喜加持の巻」、「尼公の巻」の3巻からなります。

「山崎長者の巻」では、命蓮さんという修験者が、法力で欲深な長者をこらしめます。命蓮さんは、不思議な鉢を宙に飛ばして、お布施を集めます。山崎の長者は、毎回、この鉢に米を乗せてお布施を送っていましたが、有る時から止めてしまいました。すると、今度は、鉢が米俵の入った倉を持ち上げて飛び去って行きました。慌てた長者は、命蓮さんに謝りますと、命蓮さんは、鉢で中の米を、長者の家に帰します。

『鳥獣人物戯画』では強欲な猿の僧正、『伴大納言絵詞』では淫行や泥棒を行う破戒僧が登場しますが、『信貴山縁起絵巻』は、名僧・修験者のお話ですので、対照的ですね。

画像:信貴山縁起絵巻(上巻)
画像出所:ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E8%B2%B4%E5%B1%B1%E7%B8%81%E8%B5%B7

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント