下御霊神社

下御霊神社.jpg

京都の下御霊神社では、8人の神様が祀られていますが、その2人は、伊予親王とその母藤原吉子大夫人です。

伊予親王は、桓武天皇の子供で、平城天皇の異母弟になります。平城天皇の治世、朝廷が、藤原宗成が伊予親王に対して謀反を勧めているとの情報を得ます。そのため、この宗成さんは捕らえられ、尋問されます。そこで、宗成さんは、なんと謀反の首謀者が伊予親王であると密告します。その結果、伊予親王とその母は幽閉されました。二人は、身の潔白を主張したが聞き入れられなかったため、毒を飲んで自殺します。その後、伊予親王と藤原吉子大夫人の無実が証明されます。そのため、この二人の怨霊が怖れられ、下御霊神社で祀られているのでしょう。ちなみに、宗成さんは流罪となりますが、その後赦され、復権します。不思議ですね。

画像:下御霊神社
画像出所:下御霊神社 http://shimogoryo.main.jp/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント