大豊神社

狛ねずみ.jpg

887年に、宇多天皇の病気平癒祈願のために、医薬の祖とされる少彦名命(すくなひこなのみこと)を祀って創建されたと言われています。後に、応神天皇と菅原道真公が合祀されました。御存じのように、宇多天皇は道真さんの後ろ盾でしたので、関係があるのかもしれません。この神社が、全国的に有名になったのは、末社の大国社に狛犬の代わりに狛ねずみが奉られていることです。また、別の末社の愛宕社には火伏せの狛鳶(とび)、日吉社には鬼門除けの狛猿が守っています。

また、神社は、鹿ケ谷にあります。そう、後白河法皇が、藤原成親、西光、俊寛らと平氏打倒の陰謀が語られた鹿ケ谷山荘の近くです。

画像:大豊神社、大国社
画像出所:Kyoto design https://kyoto-design.jp/spot/8321


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント