紫式部供養塔

千本閻魔堂.jpg

京都の千本閻魔堂に、紫式部供養塔があります。

千本閻魔堂は、閻魔大王の補佐を務めたとされる小野篁さんが開基です。元々、埋葬地の入口にあり、さらには閻魔大王を祀っていますので、地獄との関係が強いです。

この千本閻魔堂に、どうして紫式部供養塔があるのでしょうか。南北朝時代に円阿上人という僧が、ある時、紫式部が地獄で苦しんでいる夢を見ます。その理由を閻魔大王に問うと、『源氏物語』を書くのに嘘をついたためだと言います。そのため、円阿上人は、紫式部を地獄から救うため、千本閻魔堂に供養塔を勧進したそうです。『源氏物語』などの物語はフィクションなので、嘘は仕方がないと思うのですが。

画像:千本閻魔堂
画像出所:KYOTOdesign https://kyoto-design.jp/spot/1512