西国三十三所

長谷寺.jpg

日本最古とされる巡礼路に、「西国三十三所」巡礼があります。

718年、大和国の長谷寺の開基である徳道上人が亡くなります。あの世で閻魔大王に会い、人々が観音霊場に参り功徳を得られるようにするよう告げられました。そして、上人は「起請文」と極楽浄土の通行証である「三十三の宝印」を受け、現世に戻されます。

この宝印によって霊場が定められたとされています。この三十三という数は、観音菩薩が三十三の変化で人々を救うことから来ているように思います。それを、阿弥陀仏などの仏はなく、閻魔大王が告げているのが興味深いですね。昨年、西国三十三所草創1300年記念行事が行われました。

画像:長谷寺
画像出所:奈良たび https://narakankou.com/251.html