死出の山路

蓼科山.jpg

日本は、古来、死んだ後、山を登ってあの世に行くという信仰があります。多くの山に囲まれた日本らしい信仰です。

「千載和歌集」に鳥羽院の「常よりも睦まじきかなホトトギス死出の山路の友と思へば」という歌があります。また、鴨長明さんの『方丈記』に「語らふごとに、死出の山路を契る」と書かれています。これら以外にも、数多くの死出の山路が、歌や説話に出てきます。

埋葬の時に死者に旅装束を着せるという習俗は、こうした信仰から来ていると考えられます。死出の山路は、日本人の感覚にフィットするものですね。話は逸れますが、死出の山路に関して、鴨長明さんは、鳥羽院の歌を意識していたように思います。

画像:蓼科山
画像出所:ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント