泰山府君

泰山王.jpg

中国の泰山は、中国東部の名山ですが、漢代以降、歴代皇帝が封禅を行って天地に報告を行う聖地となり、また死者の霊魂が集まる地でもありました。そのため、道教では、この山自体が神様とみなされ、泰山府君と呼ばれるようになります。泰山府君は、冥界の最高神であり、人間の寿命や在世での地位を司ると考えられました。閻魔大王に似ていますね。

そのため、泰山府君は、仏教にも取り入れられましたが、閻魔大王を含む、地獄の裁判官十王の一人とされ、泰山王となりました。本地は、薬師如来です。ただ、閻魔大王と同一視されることもあります。また、泰山府君は、日本では、陰陽道の主祭神とされ、最高奥義「泰山府君の祭」が有名です。いろいろな宗教に取り入れられる神様ですね。それほど、死を司る存在は、どの宗教でも重要だったと考えられます。

画像:泰山王
画像出所:ウィキペディア https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E7%8E%8B

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント