銀閣寺

銀閣寺.jpg

正式名称を東山慈照寺といいます。金閣寺とともに、臨済宗相国寺の塔頭寺院の一つです。

よく、室町幕府八代将軍の足利義政さんによって造られたお寺ということが言われますが、義政さんが造営した山荘東山殿が、義政さんの死後、お寺になったものです(金閣寺も三代将軍義満さんが造営した北山殿が、義満さんの死後お寺に成っています)。観音殿(銀閣・国宝)が、最も有名ですが、義政さんは、その完成を見ることができませんでした。

銀閣寺は大文字山(如意ヶ岳)の麓です。この大文字の送り火ですが、義政さんが、若くして亡くなった息子の義尚さんの菩提を弔うため、横川景三さんと芳賀掃部さんに画かせたともいわれています。ただ、他の説もあり、コンセンサスは得られていません。

画像:銀閣寺
画像出所:相国寺 https://www.shokoku-ji.jp/ginkakuji/