臨終行儀と密教2

密教法具.jpg

前回に続き、臨終行儀と密教の関係です。ジャクリーン・I・ストーン氏によると、密教の真言や陀羅尼には悪害や業の妨げを除去する効果があると考えられていたため、臨終において観想的な面と呪術的な面の両方に用いられていたと考えられます。

例えば、皇后歓子は、死に際し、臨終正念のため、虚空蔵菩薩の名を唱え、大威徳明王の修法を行うよう命じたそうです。また、大江音人卿は、臨終時に、尊勝大仏頂陀羅尼を7回唱えたそうです。さらに、高野山の阿闍梨維範も、臨終正念のため、弟子たちに尊勝大仏頂を供養する護摩行をさせました。

こうなってくると、なんでもありの様相ですね。効き目があると思われれば、密教であっても、顕教であっても取り入れるということです。これが、貴族だけでなく、仏教の知識のある出家者でも同様だったことが興味深いです。それほど、当時の人々は、極楽浄土にあこがれていたのでしょう。

参考文献
ジャクリーン・I・ストーン(2020)「往生の秘訣-平安日本の臨終行儀-」、『現世の活動と来世の往生』臨川書店

画像:密教法具
画像出所:東寺 https://toji.or.jp/kukai/

"臨終行儀と密教2" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント