陽成院

陽成院跡.jpg

陽成天皇が帝を辞された後の邸宅が、陽成院です。現存しませんが、京都市中京区東夷川町辺りです。

『源氏物語』は、この陽成院を二条院に想定していると言われており、興味をそそられる場所であります。

でも、ここには妖怪物語があります。『宇治拾遺物語』では、この場所に化け物が住んでいると記されています。あるときの真夜中、一人の老人が、警護の者に話しかけます。自分は、昔からここに千二百年住んでいる浦島太郎の弟で、ここに社を造り、自分を祀るよう言います。警護の者が、自分の一存では難しいと答えると、その老人は、巨大化し、その警護の者を蹴り上げ、一口で食ってしまいました。

『源氏物語』の二条院と妖怪物語、対照的なお話のある場所です。

画像:陽成院跡
画像出所:FOURSQUARE

"陽成院" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント