仏教の多様性

ガンジス川沐浴.jpg

松本史朗氏が、如来蔵をアートマンであるとする指摘は、説得力があります。氏はまた、このアートマンがインドで、仏教に入り込んだと指摘されています。

ただ、日本にもアートマン的な思想もあり、外来だけではないような気がします。真実の自己、というような考えは、民族を問わず、共有された概念かもしれません。

インドではじまった仏教は、様々な国に伝承されました。これは、仏教自体に多様性を認めるおおらかさがあったからだと思います。伝承された地域には、それぞれ土着の思想があり、仏教が受容されるとき、土着の思想と融合します。そのため、現在、様々な仏教があり、その教えは時には、相反することもありますが、それを含めて仏教であり、これが仏教の良さでもあるような気がします。

画像:ガンジス川沐浴
画像出所:ユーラシア旅行社 https://www.eurasia.co.jp/attraction/feature/india

"仏教の多様性" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント