東寺

空海.jpg

前回、最澄さんのお話をしましたので、今回は空海さんです。

空海さんは、唐の長安に留学し、最澄さんよりも1年遅れて帰国しました。空海さんの加持祈祷を中心とした密教は、貴族社会に受け入れられていきます。そして、嵯峨天皇の支持を受け、官寺の一つ東寺を与えられます。真言宗のはじまりです。

東寺は、鎮護国家を担う仏法の中心地となり、国家祈禱が行われるようになります。空海さんで、注目すべきことは、綜芸種智院を設立して、庶民教育を行ったことです。そのため、空海さんは、貴族だけではなく、庶民からも信仰されるようになります。

画像:空海
画像出所:ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E6%B5%B7

"東寺" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント