当麻寺迎講の阿弥陀仏像

当麻寺縁起.jpg

最も有名な迎講の一つとして、当麻寺練供養会式があります。何度か、このブログでも採り上げました。

この迎講で、ひとつ不思議なことがあります。この迎講、阿弥陀仏が登場しないのです。観音菩薩、勢至菩薩ら二十五菩薩が出てくるのですが、主人公である阿弥陀仏が登場しません。ただ、長い歴史を持つ迎講ですので、過去は阿弥陀仏が登場しておりました。これは、16世紀に描かれた「當麻寺縁起」の迎講の場面でも、阿弥陀仏が描かれていることからも確かです。実際、阿弥陀仏の像は本堂に置かれています。

この阿弥陀仏像について、關信子氏がたいへんおもしろい研究をされていますので、次回、ご紹介したいと思います。

参考文献 關信子(1995)「"迎講阿弥陀像"考Ⅰ-当麻寺の来迎会と弘法寺の迎講阿弥陀像-」仏教芸術 (221), pp.100-132.

画像:當麻寺縁起
画像出所:ブッダワールド http://www.buddha-world.jp/file/pickup/vol015/index.html

"当麻寺迎講の阿弥陀仏像" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント