テーマ:人物

良源さんと極楽浄土

源信さんの師匠であります、第18代天台座主良源さん(912-985)も極楽浄土との関係が深いです。 良源さんは、焼失した堂塔や常行堂を再建したりと、比叡山再建に大きな貢献をしました。極楽浄土にも深い信仰を持ち、死者も出ると言うあの不断念仏の常行三昧を完遂しています。また、入滅時には、西に向かって合掌し、阿弥陀仏を口承したと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

永観さん

極楽浄土といえば、永観さん(1033-1111)を取り上げる必要があるでしょう。 永観さんは、往生のために、1日に1万遍ときには6万遍、念仏を唱える修行によって、寝ても覚めても、極楽浄土を目に浮かばれることができるようになりました。普通の人には、絶対できないレベルですね。永観さんその他、往生講や迎講を開催など、さまざまな活動をされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鴨長明さん

極楽往生から少し脱線しますが、前回、鴨長明さん(1155-1216)に触れましたので、今回は、その生い立ちを採り上げたいと思います。 鴨長明さんは、下鴨神社の家系に生まれ、その父は、下鴨神社の最高位の神職を務める人物でした。長明さんも、神職での将来が約束されていたのでしょう。まずは、順風満帆の出発です。 しかし、その父が若く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more