テーマ:神仏習合

若宮八幡

神社に若宮とよばれる社は、数多くありますが、柳田圀男さんによりますと、その多くが人を祀っているそうです。 通常、本宮があって、若宮があるのですが、若宮だけが独立して存在する例もあります。柳田圀男さんは、全国の若宮の例を出していますが、不慮の死を遂げ、恨みを持って亡くなった人が多いのには驚きます。まさに、怨霊を祀って、霊異を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祇園御霊会

前回、神泉苑御霊会のお話をしましたが、その後御霊会は広がっていきます。その代表の一つが、祇園御霊会です。 869年に、全国レベルで天災が起こり、社会不安が広まったことから、全国の国の数を表す66本の矛を立て、祇園社で薬師如来を本地とする牛頭天王を祀り、御霊会を執り行ったとされています。また、洛中の稚児が、祇園社の神輿を神泉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神泉苑御霊会

平安時代、京では、疫病がたびたび流行しました。当時、疫病の原因を怨霊による祟りとしてとらえられていました。 そのため、863年に、神泉苑で御霊会が行われることになります。このとき、鎮めるべき御霊とされたのは、早良親王、伊予親王、藤原吉子、藤原広嗣(または仲成)、橘逸勢、文室宮田麻呂であります。陰陽師を神泉苑に派遣して、六柱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

媽祖神

中国沿岸部、台湾、香港で信仰を集める神様に女神、媽祖神があります。航海や漁業の神様で宋代に実在した黙娘が、遭難した父を探しに出て、神様になったとも伝えられています。船に、媽祖神を祀ることも行われました。 媽祖神信仰が盛んな地域に、普陀山・洛迦山があります。この地域と、観音菩薩の補陀落山が同一視されたのか、媽祖神と観音菩薩が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八幡信仰

八幡神は、日本でも最も人気のある神様の一つで、全国に数多くの神社があります。また、歴史的には、武士の信仰が厚い神様です。 八幡神は、応神天皇の神霊とされていますが、これは奈良時代から平安時代にかけて応神天皇と習合したためであり、もともとどこから来た神様なのかわかりません。外来神という説もあります。 また、はやくから神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春日曼陀羅

春日曼陀羅 前回、興福寺と春日社の神仏習合に触れましたが、どちらも藤原氏の氏寺、氏社です。 本地垂迹で、春日社の大宮四神は、不空羂索観音、薬師如来、地蔵菩薩、十一面観音、若宮は、文殊菩薩を本地仏とされています。こうした本地垂迹思想が、垂迹美術に発展していきます。その一つが、春日曼陀羅です。春日曼陀羅には、本地仏曼陀羅、宮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神仏習合と僧兵

平安時代、比叡山延暦寺や奈良の興福寺など有力な寺院は、非常時に鎧をつけ戦う僧兵を擁するようになります。宗教と軍事力の両面から、朝廷に影響力を行使するまでに至ります。そのため、自分たちの要求を通すため、都に大挙して来ることがあります。すでに神仏習合が進んでいるため、延暦寺は日吉神、興福寺は春日神を捧持しました。仏様だけでなく、神様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スクナビコナと薬師如来

『古事記』、『日本書紀』に、スクナビコナ(少名毘古那神、少彦名命)という神様が登場します。スクナビコナは、高天原から地上に派遣され、大国主の国造りを助けます。役割を終えた後は、常世の国に渡ったとされます。 スクナビコナは、様々な神格を持ちますが、薬神としても知られています。そのため、薬師如来との関係が指摘されます。また、常…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more