智光曼荼羅

智光曼荼羅.png

前回の智光と頼光の続きです。自分が極楽に往けないと知った智光さんは、どうすれば極楽浄土に往生できるか、頼光さんに聞きます。頼光さんは、自分では答えられないので、阿弥陀仏に智光さんを紹介します。

阿弥陀仏は、仏の相好と浄土の荘厳を凡夫の心で観ずることを勧めます。そして、手を挙げ、手のひらに小さな浄土を写し出します。智光さんは、夢から覚めると、すぐに絵師に夢で見た小さな浄土を描かせます。智光さんは、一生これを観じて、極楽浄土へ往生することができました。

この小さな浄土が、智光曼荼羅です。当時、阿弥陀浄土変の代表的なもののひとつでした。三尊の他に、智光さんと頼光さんも描かれているのが特徴です。

奈良の元興寺にも、もちろん所蔵されています。元興寺のものは、四天王も加えられていて、その思想に興味が持たれます。禅林寺山越阿弥陀図にも四天王が描かれておりますので、この二作品には、なにか関係があるのでしょうか。

画像:智光曼荼羅
画像出所:元興寺 https://gangoji-tera.or.jp/read/mandara.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント