光堂

金色堂.jpg

光堂とは、無量光仏である阿弥陀仏を本尊である阿弥陀堂につけられた名前です。

阿弥陀仏の無限の光を摂取することを祈るお堂を意味します。でも、時間とともに金箔に包まれた本尊を持つお堂に使われるようになりました。その結果、浄土や阿弥陀仏を観想する場から、宝飾的な造営物になって行き、追善供養が主な目的になります。

後者の意味での光堂としては、平泉の金色堂が有名です。奥州藤原氏の財力により、贅の限りが尽くされています。延暦寺を模して造営されたため、観想念仏も可能ですが、やはり追善供養としての性格が強いように思われます。その意味では、平等院鳳凰堂とは、また違った魅力があるのかもしれません。

画像:金色堂
画像出所:中尊寺 https://www.chusonji.or.jp/know/konjikido.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント