数奇と仏教

茶道.jpg

趣味と仏教の関係はどうでしょうか。歌や茶などといった芸事(数奇)は、仏教修業にプラスでしょうか、マイナスでしょうか。

仏教の基本理念は、執着を捨てることですので、数奇はあきらかに執着ですから、修業にはマイナスのように思われます。でも、世俗の地位や名誉をすべて捨て、隠遁生活を送ることが仏の道と考えた鴨長明さんも、数奇には肯定的です。本人が歌を得意としていたこともありますが、数奇が俗を離れたものと捉えていたのかもしれません。

天台本覚思想が芸道に取り入れられ、理論化されていくのに従い、数奇と仏教とが密接につながっていきます。口伝や血脈相続など、この天台本覚思想と芸道は類似性が高かったのも理由の一つです。そして、芸の修業が仏道修行に通じるとみなされるのに至ります。こうした仏教側からの助けによって、芸道、とくに能や茶などの新しい芸道が、世の中の公認を得ることができるようになったと言うことができます。

画像:茶道
画像出所:cookbiz https://cookbiz.jp/soken/culture/sado_kiso1/