ターミナルケアと臨終行儀

ターミナルケア.jpg

現在、医療の中心は、いかに病気を治療し、長生きをさせることです。ただ、余命わずかな患者に対して、こうした治療だけでは対応できません。そのため、こうした患者に対して、身体的苦痛や精神的苦痛を緩和・軽減するターミナルケアの重要性が注目されています。

このターミナルケアのヒントとして、日本で長い歴史を持つ臨終行儀が再考されています。とくに精神的苦痛の緩和には、参考になる部分が多いように思われます。臨終行儀も長い歴史の中で変化してきました。これは、実際の臨終時での様々な経験が積み重なって、教義による形式的なものから、徐々に実践的な行儀に変わってきたと考えられます。いわゆるノウハウの蓄積ですね。もちろん、時代が違うことも確かですが、ターミナルケアにとって、臨終行儀は気づきを与えてくれるように思います。

画像:ターミナルケア
画像出所:ジョブメドレー https://job-medley.com/tips/detail/923/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント